このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「星とたんぽぽ」です。

青いお空の底ふかく、

 

海の小石のそのやうに、

 

夜がくるまで沈んでる、

 

晝のお星は眼に見えぬ。

  

見えぬけれどもあるんだよ、

  

見えぬものでもあるんだよ。

 

散つてすがれたたんぽぽの、

 

瓦のすきに、だァまつて、

 

春のくるまでかくれてる、

 

つよいその根は眼にみえぬ。

  

見えぬけれどもあるんだよ、

  

見えぬものでもあるんだよ。

 

 

(星とたんぽぽ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

 (JULA出版局)より

 

 

みすゞさんが見えないけれどあるものとあげた、

 

海の底の小石やたんぽぽの根、

 

そして星は昼間には見えないと言っています。

 

見えないものの最たるものは「愛」でしょうか、

 

親の子を想う愛、

 

もちろん子の親を想う愛、

 

愛とは見えないけれども何とも限り無く

 

深いものでしょう。

 

見えないけれども誰の心の中にもあるもの、

 

は生きるものすべての貴重な財産です。

 

見えないものの中にこそ、大切なものが隠れている。

 

みすゞさんはそれを言いたかったのでしょう。

 

 

鈴木 澪

 

 

この詩はあまりにも「有名」です。

 

みすゞさんの詩の代表作の一つ。

 

この詩の前に「老楓」があってたんぽぽを思ったな、

 

と前後のつながりを感じた私。

 

リフレイン(見えぬけれども……)

 

の2行はほんとうに感動です。

 

 

大西 進