このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「らくがき」です。

 雨の音

 

ききながら、

 

みつめる壁の

 

樂書きよ。

 

いつの日

 

誰が描いたやら、

 

私みたいに

 

拙(まづ)い画(え)。

 

くすりの香

 

芬(ぷん)とする、

 

大きな火鉢に

 

ひとりゐて、

 

しみじみと

 

ながめてる、

 

お顏だけの

 

あねさま。

 

 

(らくがき:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

謙遜家のみすゞさんですね。

 

らくがきのある壁って何となく

 

懐かしい気がします。

 

楽がきとみすゞさんは書いていますが、

 

たのしい気にさせる絵っていいものです。

 

鈴木 澪

 

 

家からすみを持ち出して

 

らくがきいっぱいしましたね、

 

私も。雨で消えていく、

 

うすくなっていつしか消えていく。

 

誰が描いたかな、でも下手なあねさん、

 

いやよく見ればなかなか味わいのある

 

あねさんだね、きっと。

 

大西 進