このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「みえない星」です。

  空のおくには何がある。

 

  空のおくには星がある。

 

星のおくには何がある。

 

  星のおくにも星がある。

 

  眼には見えない星がある。

 

みえない星はなんの星。

 

  お供の多い王樣の、

 

  ひとりの好きなたましひと、

 

  みんなに見られた踊り子の、

 

  かくれてゐたいたましひと。

 

 

(みえない星:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

眼に見えないほど遠くの星には、

 

かつて多くのお供に囲まれて

 

一人になる自由がなかった王様や、

 

たくさんの人に見られるのが

 

商売であった踊り子たちのゆっくりとした

 

休息の地がそこにあったのですね。

 

今の我々の社会にあっても、

 

そんなホッと息抜きのできる場が

 

やっぱり必要ですね。

 

鈴木 澪