このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「寒のあめ」です。

 

しぼしぼ雨に

 

日ぐれの雨に、

 

まだ灯のつかぬ、

 

街燈がぬれて。

 

きのふの凧は

 

きのふのままに、

 

梢にたかく、

 

やぶれてぬれて。

 

重たい傘を

 

お肩にかけて、

 

おくすり提げて、

 

私はかへる。

 

しぼしぼ雨に

 

日ぐれの雨に、

 

蜜柑の皮は、

 

ふまれて、ぬれて。

 

(寒のあめ:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

みすゞさんは言葉、単語の使い方、

選び方がバツグンです。

おくすりを提げてとは、

特にその時のみすゞさんの心境も分かって見事です。

 

鈴木 澪

 

 

さざえと同じ、これもリズムですね。

それに「しぼしぼ」は独特な表現ですね。

番傘は重かったなァー。

子どもはたべたら皮やシンはポイ!

だった昔。今は?

 

大西 進

 

 

 

今朝も跳ね跳ねお着物を着たが、

 

お正月とはさみしいものよ。

 

  姉さん學校へいつちやつて

 

  母さん御用がまだすまぬ。

  

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)