このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「夜の雪」です。

  ぼたん雪、こ雪、

 

雪ふる街を、

 

盲人がひとり、

 

子供がひとり。

 

明るい窓で

 

ピアノはうたふ。

 

盲人はきくよ、

 

杖をとめて。

 

牡丹雪はかかる、

 

その手のうへに。

 

子供はみるよ

 

明るい窓を。

 

牡丹雪はかざる、

 

おかつぱの髪を。

 

ピアノはうたふ

 

こころをこめて、

 

ふたりのために、

 

春の日の唄を。

 

牡丹雪、こ雪、

 

ひらひら舞ふよ、

 

二人のうへに

 

あたたかく、うつくしく。

 

(夜の雪:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

ミュージカルの一場面のような詩ですね。

 

最後の行がすべてを物語っています。

 

あたたかく、うつくしく。

 

みすゞさんの大好きな、それは言葉です。

 

鈴木 澪

 

 

ピアノのある家は「まれ」でした。

 

でも一つの町に一軒はそんな家がありました。

 

私の住んでいた町にも一軒だけ、

 

道の外までピアノのおけいこの

 

音がする家がありました。

 

楽器屋さんの女の子でした。

 

けはいで外できいていると感じると、

 

なんだかきかせてくれるように弾いていたような、

 

そんな幼い日を思い出させます。

 

大きなボタン雪が印象的です。

 

大西 進