このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「羽蒲團」です。

 あつたかさうな羽蒲團、

 

誰にやろ、

 

表でねむる犬にやろ。

 

「私よりか」と犬がいふ。

 

「うらのお山の一つ松、

 

ひとりで風を受けてます。」

 

「私よりか」と松がいふ。

 

「野原でねむる枯れ草は、

 

霜のおべべを着てゐます。」

 

「私よりか」と草がいふ。

 

「お池にねむる鴨の子は、

 

氷の蒲團しいてます。」

 

「私よりか」と鴨がいふ。

 

「雪のお藏のお星さま、

 

よつぴてふるへてゐられます。」

 

あつたかさうな、羽蒲團、

 

誰にやろ、

 

やつぱし私が着てねよよ。

 

(羽蒲團:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

あたたかそうな羽根布団。

 

自分よりかふさわしいのは……と、

 

ゆずり合っているうちに、ちゃっかりみすゞさん、

 

羽根布団を自分のものに……。

 

ユーモアたっぷり、女の子の感性ですね。

 

鈴木 澪

 

 

いつも向かい合うものにやさしいみすゞの私。

 

おやおや、この詩はめずらしい。

 

さいごは私がもらっちゃう。

 

しかし、よく読むと、みんなのやさしさが

 

伝わって「思いやり」のリンクだな。

 

やさしさいっぱい、うれしいうたです。

 

大西 進