このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「輪まわし」です。

 

あの町ぬけて

 

この町ぬけて

 

輪まはし がァらがら。

 

一つ人力(じんりき)

 

二つ荷車

 

おひこして がァらがら。

 

三つ目をぬけば

 

もう町はづれ、

 

町の外へ がァらがら。

 

田圃のみちは

 

お空へつづく、

 

空の上まで がァらがら。

 

日が暮れかかりや

 

夕やけのなかへ

 

はうり出して、かァへろ。

 

海から出た星が、

 

その輪をかぶつて、

 

天文臺(てんもんだい)の博士、

 

びつくり、しやつくり、目をまはす。

 

「大發見ぢゃ、たいへんぢや、

 

土星が二つにふえちやつた。」

 

(輪まはし:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

土星にある輪にまつわるみすゞさん流の

少しユーモアのある詩です。

こんなことを考えるなんて、

みすゞさんはどこまでも心の澄んだ、

そして大きな心の持ち主です。

 

鈴木 澪 

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)