このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「茶棚」です。

 茶棚の上には

 

ブリキ鑵(くわん)、

 

お伽ばなしの

 

銀の壷。

 

時計が三つ

 

打つたなら、

 

なかから出るもの

 

ビスケット。

 

茶棚のなかには

 

お菓子鉢、

 

きのふはカステラ

 

あつたけど、

 

お菓子が湧かない

 

ものならば、

 

いまではきつと

 

からつぽだ。

 

 

(茶棚:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

お菓子の好きな子どもの心は、

 

食べてしまったお菓子がまたブリキ缶の中に

 

湧いて出て欲しいと思います。

 

しかし、現実は悲しいかな、空なのです。

 

どんなことでも詩になるものですね。

 

鈴木 澪

 

 

「時計が三つ」今の子にわかるかな、

 

3時のオヤツ。

 

私も3時になるのを待って待って

 

ビスケットたべたっけ。

 

すこしずつ端からカジリながら、

 

すこしでも長くたべたいと、

 

どちらが長いかとくらべっこしたこと

 

思い出したよ。

 

大西 進