このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「積つた雪」です。

上の雪

 

さむかろな。

 

つめたい月がさしてゐて。

 

下の雪

 

重かろな。

 

何百人ものせてゐて。

 

中の雪

 

さみしかろな。

 

空も地面(ぢべた)もみえないで。

 

 

(積つた雪:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

道路に積もる雪を誰がこのように

 

思う人がいるでしょう。

 

雪を三層に分けて、上の雪、下の雪、

 

中の雪をそれぞれ辛いだろうと

 

呼び掛けています。

 

みすゞさんの心の暖かさを感じてしまいます。

 

この詩がどのような心境の時に

 

書かれたものであるのか推し量れませんが、

 

心があまり幸福の時ではなかったのでは

 

ないでしょうか?

 

だって積もった雪にでさえこのような

 

思いを抱き、憂えているのだから。

 

鈴木 澪