このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「花火」です。

 

 粉雪の晩に、

 

枯れ柳のかげを、

 

傘さして通る。

 

夏の夜にあげた、

 

柳のかげの

 

花火ふつと思ふ。

 

雪ん中へあげる、

 

花火がほしいな、

 

花火がほしいな。

 

粉雪の晩に、

 

枯れ柳のかげを、

 

傘さして通りや、

 

遠い日にあげた、

 

花火の匂い、

 

なつかしくにほふ。

 

(花火:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

枯れていても柳は風情のあるものです。

むかし子供のころによくこの柳の向こうに

打ち上げ花火があざやかに瞬いていました。

その残像がいまも心に残っています。

 

鈴木 澪

 

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)