このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「北風の唄」です。

 中ぞらの凩のおと、

 

ふと止んだとき

 

おもふこと──

 

中ぞらで風がいふ。

 

きけ、きけ、唄を

 

私の唄を、

 

氷の原に

 

すむ鳥の唄、

 

雲のひろ野を

 

ゆく橇(そり)の鈴、

 

みんな私は

 

もつて來た──

 

誰も答へず、ききもせず。

 

中空で風はふと、

 

さびしくなつた──

 

 

(北風の唄:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

一生懸命に話しているのに

 

誰も聞いてくれないと寂しいものですね。

 

北風もおしゃべりをするんですね。

 

それも壮大な……。

 

鈴木 澪

 

 

古今東西、風を姿あるものとして

 

お話しにも絵にも登場してきました。

 

人が想像する風の人物?は

 

大きな袋をもってましたね。

 

ここでは風は歌手ですね。

 

大西 進