このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お家のないお魚」です。

 小鳥は枝に巣をかける、

 

兎は山の穴に棲む。

 

牛は牛小舍、蒿の床、

 

蝸牛(でゝむし)やいつでも背負つてゐる。

 

みんなお家をもつものよ、

 

夜はお家でねるものよ。

 

けれど、魚はなにがある、

 

穴をほる手も持たないし、

 

丈夫な殻も持たないし、

 

人もお小舍をたてもせぬ。

 

お家をもたぬお魚は、

 

潮の鳴る夜も、凍る夜も、

 

夜つぴて泳いでゐるのだろ。

 

 

(お家のないお魚:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

いつもお魚の味方のみすゞさんは、

 

お魚の家のないのをかわいそうに思っています。

 

家というものは生きているものの基本ですから……。

 

それなのにお魚はお家を持たない、

 

誰がこんなことを思う人がいるでしょうか。

 

鈴木 澪