このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「親なし鴨」です。

お月さん

 

凍る、

 

枯れ葉にや

 

あられ、

 

あられ

 

降つては

 

雲間の

 

月よ。

 

お月さん

 

凍る、

 

お池も

 

こほるに、

 

親なし

 

子鴨、

 

どうして

 

ねるぞ。

 

 

(親なし鴨:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

厳しい自然の中でなんとか

 

生きて行かなければならない

 

親のない鴨の子を心を痛め、

 

心配するみすゞさんの心境がせつせつと伝わってきます。

 

人も動物も厳しい状況を乗り越えて

 

生きて行かなくてはなりません。

 

 

鈴木 澪