このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「夢賣り」です。

 年のはじめに

 

夢賣りは、

 

よい初夢を

 

賣りにくる。

 

たからの船に

 

山のやう、

 

よい初夢を

 

積んでくる。

 

そしてやさしい

 

夢賣りは、

 

夢の買へない

 

うら町の、

 

さびしい子等の

 

ところへも、

 

だまつて夢を

 

おいてゆく。

 

(夢賣り:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんは夢売りの詩の中でも

 

心やさしさをかもし出しています。

 

どうしたらこんな心やさしさが

 

生まれるのでしょうか?

 

いつもいつも日影のモノ達を

 

見つめる暖かなまなざし。

 

私の描くイラストもこんなやさしさが

 

出せたらいいのにと

 

いつも思ってはいるのですが……。

 

みすゞさんの夢はいったいどんな

 

ものだったのでしょうか。

 

われわれ凡人には計り知れない

 

遠大なものだったのか、

 

それともささやかなものだったのか、

 

夢はいくら大きく持ってもいいのですから、

 

大いに夢を実現すべくがんばりましょう。

 

鈴木 澪

 

 

ゆめをうる呼び声がきこえてきますよ。

 

「ゆ~め、ゆめ、ゆめはいらんかえ~、ゆめ。」

 

夢は未来です。未来は希望です。

 

明るいですね。

 

世界中の子どもたちが平和な自然に

 

囲まれて笑い声をあげ、

 

かけまわっている初夢が見たいものです。

 

曲のあたまに、夢うりのうり声を

 

入れたくなりました。

 

大西 進