このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お祖母様と浄瑠璃」です。

 

 縫ひものしながらお祖母さまは、

 

いつもおはなし、きかせました。

 

おつる、千松、中將姫……、

 

みんなかなしい話しばかり。

 

お話しながらお祖母さまは、

 

ときどき浄瑠璃をきかせました。

 

おもひ出しも胸がいたむ、

 

それはかなしい調子でした。

 

中將姫をおもふせいか、

 

そのことはみんなみんな、

 

雪の夜のやうにおもはれます。

 

それももう遠いむかし、

 

うたの言葉はわすれました。

 

ただ、せつない、ひびきばかり、

 

ああ、いまも、水のやうに、

 

かなしくしづかに泌みてきます。

 

さらさらと、さらさらと、

 

ふる里の音さへも……。

 

(お祖母樣と浄瑠璃:金子みすゞ) 

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

幼いころ聞いたお話っていつまでも覚えているものです。

大人になっても……。

人の思い出は、その多くは楽しいことより、

悲しさ寂しさに包まれています。

人間は本来さみしい生き物なのですから。

 

鈴木 澪

 

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)