このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「さかむけ」です。

 なめても、吸っても、まだ痛む

 

紅さし指のさかむけよ。

 

おもひ出す、

 

おもひ出す、

 

いつだかねえやにきいたこと。

 

「指にさかむけできる子は、

 

親のいふこときかぬ子よ。」

 

おとつい、すねて泣いたつけ、

 

きのふも、お使ひしなかつた。

 

母さんにあやまりや、

 

なほらうか。

 

   

(さかむけ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

         

親の言うことをきかない悪い子を反省させる意味で、

 

このような事を昔の人は考えていたのでしょうか……。

 

私も同じように言われたことがありますので、

 

この詩のみすゞさんの気持ちがよく分かります。

 

鈴木 澪

 

 

昔の子はこんな風に注意されたり、

 

しかられたりよく泣きました。

 

大人は忙しかったから、

 

家事を手伝うことがたくさんありましたね。

 

「親のいうこと。」今思うと、

 

ありがたさが身にしみます。

 

社会のルール、マナーは

 

いつも親からでしたね。

       

大西 進