このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「絹の帆」です。

 王樣のお船にかける帆は、

 

うすく、うすくといひつかる。

 

うす紫のうす絹に、

 

港のまちが繪と透いて、

 

とてもきれいな帆は帆だが、

 

風は、ぴゆうと來て、

 

穴あけた。

 

風のみちあけたらやぶるまい、

 

風のみちあけろといひつかる。

 

うすむらさきのうすぎぬに、

 

王樣の御紋のきりぬきで、

 

とてもきれいな帆は帆だが、

 

風は、ぴゆうと來て、

 

行きぬけて、

 

船は出やせぬ、

 

一尺も。

 

 

(絹の帆:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

帆に絹を使うことを考えたみすゞさん、

 

しかも王様のお船に……。

 

ぜいたくでも、きれいでも、

 

だけどそんなものは

 

役に立たなかったんですね。

 

鈴木 澪

 

 

すべてのものは、

 

それにふさわしいものがあることを

 

教えてくれています。

 

大西 進