このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「硝子のなか」です。

おもての雪が見えるので、

 

ひらひらお花のやうなので、

 

明り障子の繪硝子を、

 

お炬燵(こた)にあたつて見てゐたら、

 

うらの木小屋へ木をとりに、

 

雪のふるなかを歩いてく、

 

お祖母さまのうしろかげ、

 

ちらちら映つて、消えました。

 

(硝子のなか:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

 

(JULA出版局)より

 

 

家の中は、暖かく雪もお花のように感じます。

 

外は寒く、木を取りにゆく

 

おばあさんは気の毒そう。

 

鈴木 澪

 

 

こたつにあたりながら、

 

寒い中ご用をするおばあさんに気遣って。

 

大西 進