このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「元日」です。

 

 みんなで双六しませうと、

 

みんなの御用のすむときを、

 

待つてゐるまはさみしいな。

 

  遠い遠い原つぱで

 

  男の子たちの聲がする。

 

大戸卸して屏風をたてて、

 

暗い暗いうちのなか、

 

  凍てた表にからころと

 

  さむい足駄の音がする。

 

昨日は夜を待ちくたびれて、

 

今朝も跳ね跳ねお着物を着たが、

 

お正月とはさみしいものよ。

 

  姉さん學校へいつちやつて

 

  母さん御用がまだすまぬ。

 

(元日:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

お正月は子どもは学校も休みで

暇がたくさんありますが、

大人は逆にふだんとは異なる仕事があります。

子どもにはそれがさみしく思えます。

 

鈴木 澪

 

お正月とはさみしいものよ、とは?

と思ってしまいます。

大人は正月も忙しかったのだと、

この頃の仕事振りをあれこれ想像しています。

女の子はカルタ、すごろくが大好きでしたね。

私の子どもの頃も。

 

大西 進 

 

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)