このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「店の出來事」です。

 

霰(あられ)がこんころり、

 

潛戸(くぐり)からはいつた。

 

お連れになつてはいつた。

 

  (こんばんは。)

 

  (はい、いらつしやい。)

 

歌時計がちんからり、

 

お客さんの手で鳴つた。

 

あられの音にまじつて、

 

一つとやを歌うた。

 

  (さやうなら。)

 

  (はい、ありがたう。)

 

歌時計がちんからり、

 

鳴り鳴り出てつた。

 

消えるまできいてて、

 

ふつと氣がつけば、

 

霰はとうに止んでゐた。

 

(店の出來事:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

お客さんは外の寒さを一緒に連れて

お店へ入ってきます。

あられが一緒とは……、歌時計?……、

楽しいお店の雰囲気が伝わってきます。

あられと歌とがコラボレーション。

 

鈴木 澪

 

 

下関はハイカラさんが多くいたのですね。

今ならケイタイチャクメロという

ところですかね。

私のいなか町では

柱時計以外ではきいてません。

 

大西 進 

 

 

 

   

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)