このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「墓たち」です。

 墓場のうらに、

 

垣根ができる。

 

墓たちは

 

これからは、

 

海がみえなくなるんだよ。

 

こどもの、こどもが、乘つてゐる、

 

舟の出るのも、かへるのも。

 

海辺のみちに、

 

垣根ができる。

 

僕たちは

 

これからは、

 

墓がみえなくなるんだよ。

 

いつもひいきに、見て通る、

 

いちばん小さい、丸いのも。

 

(墓たち:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

垣根ができると海が見えなくなってしまうと、

 

墓の気持ちを思いやるみすゞさん。

 

そして、子どもたちは反対に、

 

かわいいお気に入りの小さなお墓が、

 

今までのようには見えなくなってしまう。

 

なんとなく、切ない感じの詩です。

 

鈴木 澪

 

 

ぼくたち、と男の子の側から書いた数少ない詩。

 

いつもの私ではなく、男の子のでてくる詩。

 

垣根の内と外。いままで

 

ひとつの世界だったのに、

 

かきねをはさんで別々の世界に。

 

でも思いは垣根をこえて。

 

大西 進