このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「港の夜」です。

 

 曇つた晩だ。

 

ちひさい星がふるへふるへ

 

ひとつ。

 

さァむい晩だ。

 

船の灯りが映つてゆれて

 

ふたつ。

 

さみしい晩だ。

 

海のお瞳があをく光つて

 

みつつ。

 

(港の夜:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

寒いときの港の夜はさみしいのです。

目に映るのは、小さな星と船の灯りと

海面の小さな波に光った何かのあかり。

それを数えうたにしたのですね。

 

鈴木 澪

 

 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)