このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「硝子」です。

 思ひ出すのは 雪の日に

 

落ちて 砕けた 窓硝子

 

あとで、あとで と思ってて

 

ひろはなかった 窓硝子

 

びっこの犬を みるたびに

 

もしや あの日の 窓下を

 

とほりゃ せぬかと 思っては

 

忘れられない、雪の日の

 

雪にひかった 窓がらす

 

 

(硝子:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

この詩は、一回読んで好きになりました。

 

もしもこの詩のみすゞさんの立場なら

 

きっと同じ思いをしたと思ったからです。

 

犬への思いが、直接素直に伝わってきます。

 

だれもが経験しそうな事、

 

だれもが感じる事を、

 

みすゞさんは巧みに詩に変えてくれています。

 

彼女のすごさはこんな所にあるのだと思います。

 

鈴木 澪