このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「小さな朝顔」です。

あれは 

 

いつかの

 

秋の日よ。

 

お馬車で通つた村はづれ、

 

草屋が一けん、竹の垣。

 

竹の垣根に空いろの、

 

小さな朝顏咲いてゐた。

 

──空をみてゐる瞳のやうに。

 

あれは

 

いつかの

 

晴れた日よ。

 

(小さな朝顏:金子みすゞ)

 

秋の季節外れに咲く小さな朝顔の花。

その花が空を見ている瞳のように、

という表現はみすゞさんの得意な擬人法なのでしょうが、

誰にも見過ごされそうな、小さな花にも目を向け、

それを心のページの中の1ページに

加えとても大切にしている感じがします。

 

鈴木 澪

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)