このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「知らない小母さん」です。

ひとりで杉垣

のぞいてゐたら、

知らない小母さん

垣の外通つた。

 

小母さんつて呼んだら

知つてるよに笑つた、

私が笑つたら

もつともつと笑つた。

 

知らない小母さん、

いい小母さんだな、

花の咲いた柘榴(ざくろ)に

かくれて行つたよ。

 

(知らない小母さん:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

子供が笑いかけると、つい一緒に笑ってしまいます。

そんな力が笑顔にはあります。

みんなが笑っていられるようになりたいですね。

 

鈴木 澪

 

大人が知らない子どもに声をかけるのは

よくあることでも、

子どもがあそび相手がいなくて大人に

声をかけるのは昔々の子どもたち。

みんな、おじさーん、おばさーんって呼んでました。

そのくせがついて、大

きくなってよそのおばさんにおばさんって呼んだら、

おばさんって呼ばれておこられたことがあった。

何んてよべばよかったのかって、

ずーっと考えなやんでた頃がなつかしい。

 

大西 進

 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

 

(更新は午前中の予定)