このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「おはなし」です。

ひろいきれいな草野原

 

銀にひかるは、湖水です。

 

湖水の岸の御殿には

 

小さな小さな女王さま。

 

(それは魔法のみづうみで

 

小さくなつた私です。)

 

うしろに並ぶお侍女(こしもと)

 

(それはやつぱり湖で

 

小さくなつたお友達。)

 

まへの御家來ひげ男

 

(それは私の先生よ。)

 

黄金の時計がいま鳴つて

 

小さな女王は花びらで

 

お花の蜜をめしあがる。

 

こんなお話したけれど

 

大人は笑つてしまひます。

 

なんだか私はさびしいな。

 

(おはなし:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

 

夢みる夢子さんだったみすゞさんを彷彿とさせます。いつもいつまでも、

の遊びを止めないみすゞさんに周りの大人たちは、

時には困惑したのではないでしょうか?

 

鈴木 澪

 

 

 

明日もまた見て下さいね。

(更新は午前中の予定)