このページでは金子みすゞさんの本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「繭と墓」です。


蠶(かいこ)は繭(まゆ)に


はいります、


きうくつさうな


あの繭に。


けれど蠶は


うれしかろ、


蝶々になって


飛べるのよ。


人はお墓へ


はいります、


暗いさみしい


あの墓へ。


そしていい子は


翅が生え


天使になつて


飛べるのよ。


(繭と墓:金子みすゞ)


現実はつらいこと、悲しいことが多いものです。

生きていれば、それはつきものと言っていいことです。

人間だけでなく、虫も鳥も、魚だってあるのです。

生きものの宿命なのですから。

でも、必ず最後は良いこと、嬉しいことが待っている……と。

みすゞさんは希望を忘れない心の持ち主なのですね。


鈴木 澪



明日もぜひご覧下さいね。
(午前中に更新予定)