このページでは金子みすゞさんの本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「向日葵」です。


おてんとさまの車の輪、


黄金(きん)のきれいな車の輪。


青い空をゆくときは、


黄金のひびきをたてました。


白い雲をゆくときは、


見たは小さな黒い星。


天でも地でも誰知らぬ、


黒い星を轢(ひ)くまいと、


急に曲つた車の輪。


おてんとさまはほり出され、


眞赤になつてお腹立ち、


黄金のきれいな車の輪、


はるか下界へすてられた、


むかし、むかしにすてられた。


いまも、黄金の車の輪、


お日を慕うてまはります。


(向日葵:金子みすゞ)


ひまわりの花には、こんなお話があったのですね。だからお日さまの動くあ

を追って回るのですね。ひまわりはお日さまに捨てられてもお日さまのこ

とが好きなんですね。いつかまたお日さまを乗せてこの大空を走り回ってみ

たいと願っているのですね。とてもけなげなひまわりですね。


鈴木 澪


「ひまわりにはこんな過去があったとは知りませんでした」とみすゞさんと

会話がしたくなる。ここまでもいくつか不思議さに「ねーみすゞさん……」

と話しかけながら作曲しましたよ。

ひまわりが本当に陽の方へ向いてさくのではないと知っていても、昔のいい

つたえから、こんなやさしい心でみているのですね。

ひまわりは、はずかしくうれしそう。


大西 進



明日もまた見て下さいね。

(午前中に配信予定)