このページでは金子みすゞさんの本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「真夏の電燈」です。


「夏」は夜更し


朝寢ばう。


夜は私がねたあとも、


ねないでゐるが、朝早く、


私が朝顏起こすときや、


まだまだ「夏」は起きて來ぬ。


すずしい、すずしい、


そよ風だ。


(夏:金子みすゞ)


暑い夏の夜は確かに皆おそくまで起きています。その為に夏は朝寝ぼうなん

ですね。

面白い発想です。


鈴木みお


今のように「外来の花」が少くなかった一世紀前の日本の風景。夏は朝顔が

主役でした。「朝ねぼう」とかいていますが、どうしてどうして朝顔より先

に「今日はいくつ咲くかな?」と私もやったネ。


大西 進



また明日も見て下さいね。

(午前中に配信予定)