このページでは金子みすゞさんの本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「山の枇杷」です。

 


山の枇杷、


知らない人が枝にゐて、


峠をのぼるわたしらに


枝ごと投げてくれました。


  黄いろく熟れた


  枇杷の實を──


山の枇杷、


いまは葉ばかり、誰もゐず、


峠のみちのあき風に


吹かれて私はくだります。


  ひとつの影の


  ながいこと──


(山の枇杷:金子みすゞ)


山になる果実は実に美味しいものです。乾いたのどに何とやさしい

ことか!!

実のなる季節を終え、葉ばかりになった木を見ると、峠の道も長く

感じられます。


鈴木 澪



明日もまた見て下さいね。
(午前中に更新予定)