このページでは金子みすゞさんの本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「漁夫の小父さん」です。



漁夫の小父さん、その舟に、


私をのせて下さいな。


ほらほら、向うにみえてゐる、


きれいな雲がむくむくと、


海から湧いてるところまで、


私と行つて下さいな。


ひとつきりしきやないけれど、


私のお人形あげませう、


それから、金魚もあげませう。


漁夫の小父さん、その舟に、


私をのせて下さいな。


(漁夫の小父さん:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より


小さな女の子(みすゞさん)にとって、たった一つのお人形は宝ものです。

それをあげてもかまわない、と思うほど海の果ては魅力のある場所なのです。

好奇心旺盛なみすゞさんの気持ちがよく出ています。みすゞさんはとっても

ロマンチストです。


鈴木 澪


遠くをながめていると、そこへ行ってみたくなる、水平線はいつもあこがれ。

私のもってる宝物、なんでもあげたい気持です。行ってみたくてたまらない

から。


大西 進



明日もまた見て下さい。

(午前中に配信予定)