このページでは金子みすゞさんの本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「忘れた唄」です。


野茨のはなの咲いてゐる、


この草山にけふも來て、


忘れた唄をおもひます。


夢より遠い、なつかしい、


ねんねの唄をおもひます。


ああ、あの唄をうたうたら、


この草山の扉があいて、


とほいあの日のかあさまを、


うつつに、ここに、みられましよ。


けふも、さみしく草にゐて、


けふも海みておもひます。


「船はしろがね、櫓は黄金」


ああ、そのあとの、そのさきの、


おもひ出せないねんね唄。


(忘れた唄:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より


小さい頃に聞いた子守唄を忘れかけていて、思い出そうとしています。お母

さんがうたってくれた子守唄は誰しもが耳に残っていてなつかしいものです。


鈴木 澪


大好きな詩の一つ。思いだせないうたのつづき、でもこのメロディー(節)

だけは決して忘れない、そんなすてきなメロディーってどんな節まわし?

これを考えるのにずい分苦労しました。

「ヒラケーゴマ」のうた、機会があったらぜひきいてみて。


大西 進


また明日も見て下さいね!

(午前中に更新予定です)