このページでは金子みすゞさんの本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「雲」です。


私は雲に


なりたいな。


ふわりふわりと


青空の


果から果を


みんなみて、


夜はお月さんと


鬼ごっこ。


それも飽きたら


雨になり


雷さんを


供につれ、


おうちの池へ


とびおりる。


(雲:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より


みすヾさんの自由な心は果てしない。雲になりたい、とはなんと大きな発想

だろう。夜はお月さんと鬼ごっこなんて、楽しいたのしい子供の夢だし、最

後のところなんて、みすヾさんでないと思い付かない。いつも夢見がちな乙

女であったことを感じられる詩です。どんなに淋しい状況にあってもほとば

しる想像力が彼女を辛い思いから解放してくれたのでしょう。才能の溢れた

作品に会うとこちらまで勇気をもらいます。


鈴木 澪


雲にのりたい、虹の橋をわたってみたい、という童話や詩は多いが、「雲に

のりたい」は、ハッとさせられた。

空をゆらゆらと遊びたい気持がわかることが大事なんだと思ったし、でも、

「飽きてしまうだろう」とも思うのだ……。

おしまいが、とてもいい。


大西 進


 

また明日も見て下さいね!

(午前中に更新予定です)