このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「電信柱」です。

耳もとでおしやべり雀の聲がして、 

電信柱は眼がさめた。

 

野菜ぐるまの絶えたころ、

工夫がコツコツやつて來た。

 

おひるすぎから風がでた、

子供がお耳をおつつけた。

 

絲を切られたふうせんは、

鼻をかすめて飛んでつた。

 

夕燒小燒で日がくれた、

あたまの近くへ星が出た。

 

足もとで救世軍がうたふので、

電信柱はねむなつた。

 

(電信柱:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

誰も電信柱のことなんか考えたりしません。

みすゞさんにかかると、

どんなモノも詩になるから不思議です。

身辺のあらゆるモノに

興味を覚えるところが

さすがだなあと思います。

 

鈴木 澪

 

 

 

 

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)