このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「洋燈(らんぷ)」です。

田舎のまつりに 

來てみたが、

みじかい秋の

日が暮れて、

神輿(みこし)の聲の

遠いころ、

洋燈(らんぷ)のくらさ

たよりなさ……。

みつめてゐれば

どこやらで、

ひそひそ蟲が

ないてゐる。

 

(洋燈:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

らんぷ<洋燈>というだけで

ノスタルジックでしゃれた雰囲気がでます。

日本のまつりと西洋の洋燈の

対照がドラマチックです。

私はランプというと、小樽の「光(ひかり)」

という喫茶店を思い出します。

半世紀以上も前の古いランプなどが、

そこにはあります。

娘時代に知ってから大分時間が経ちますが、

また、最後に夫と訪れてから

もう長い歳月が経ちますが、

いつまでも心に残っているお店です。

なつかしいカステラがサービスで出てくるのですが、

それがまた印象に残るお店でした。

まだ、あのお店あるのかなあ?

また、いつか訪れてみたいと思っています。

 

鈴木 澪

 

らんぷとかぺちか(ランプ、ペチカ)とか

洋風の言葉がふるさとの生活に入り始めたころ、

ちょうちんや灯ろうにない、

なんだかエキゾチックでそれでいて

昔からあったような親しみがあるのは、

やはり人が求める「火」なのでしょう。

人は海をみつめるように、

やはり火をだまって見つめます。

見つめながら思いにふけるのですね、人は。

 

大西 進

 

 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)