このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「噴水の亀」です。

お宮の池の噴水は  

水を噴かなくなりました。

水を噴かない亀の子は

空をみあげてさびしさう。

濁つた池の水の上

落葉がそつと散りました。

 

(噴水の亀:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

さびしそうな亀の子のいる池の水面に、

みすゞさんは落葉を散らしてあげる

という優しさを忘れないのです。

これで亀はいくらか心が癒されるのでしょう。

                               

鈴木 澪 

 

連続して作品をみるとき、「山いくつ」から

ここまで光と色がいっぱいですね。

にごった水に秋の美しい色した落葉が

「水の上にも織るにしき」ですね。

くらしに中に美しい色をみているみすゞさん、

まるで絵かきさんのよう。

 

大西 進 

 

 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)