このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「汽車の窓から」です。

お山であかいは 

あれはなに。

 

あれは櫨(はじ)の木、櫨紅葉、

なにか怖いな、黒い赤。

 

お里であかいは

あれはなに。

 

あれは熟れてる柿の實よ、

見てもうまそな、黄いな赤。

 

お空であかいは

あれはなに。

 

あれはお汽車の燈のかげよ、

さみしい赤よ、亡い赤よ。

 

(汽車の窓から:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

赤にもいろんな赤があるって事を

みすゞさんは気付いていて、

このような詩が生まれました。

最後の「亡い赤」が印象的に思われます。

心の中でしか見ることのできない

追憶の中の赤い色なのでしょう。

 

鈴木 澪

 

そんなに度々汽車の旅をしたことの

ないはずのみすゞさん、

あの時乗った汽車の窓からみた里山の草や木が、

なぜか心にのこっていて、

空を見上げたときにふとさみしさが心にうつります。

見えないなにかがよぎります。

この日は赤い燈が一つ、さみしい赤でした。

 

大西 進

 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)