このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「隣村の祭」です。

垣のなかから見てゐると、 

 

いろんな色がすぎてゆく。

 

みんな東をさしてゆく、

 

影もぞろぞろついてゆく、

 

白い埃も舞つてゆく。

 

西へ行つたは、空つぽの、

 

ふるい荷馬車がひとつきり。

 

ぢつとしてるは、生垣の、

 

しろい木槿と、私きり。

 

おまつりなんか、つまらない、

 

私はゆきたかないけれど、

 

けふは、あんまりよい日和。

 

お目々つぶれば足音が、

 

みんな東へすぎてゆく。

 

(隣村の祭:金子みすゞ)

 『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

お祭りはみんな好きなものです。

にぎやかであざやかで、

人々の群れ、楽しいはずのお祭りも、

自分が参加できないと何とも

つまらない気がしてしまいます。

 

鈴木 澪 

 

 

 

  

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)