このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「仔牛」です。

ひい、ふう、みい、よ、踏切で、 

みんなして貨車をかずへてた。

いつ、むう、ななつ、八つ目の、

貨車に仔牛(べえこ)が乘つてゐた。

賣られてどこへ行くんだろ、

仔牛ばかしで乘つてゐた。

夕風冷たい踏切で、

みんなして貨車を見おくつた。

晩にやどうして寝るんだろ、

母さん牛はゐなかつた。

どこへ仔牛は行くんだろ、

ほんとにどこへ行くんだろ。

 

(仔牛:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

売られていく子牛を見るのは心が痛みます。

親から離されて売られていく子牛たちが

気の毒でなりません。

そんな子牛たちの運命がどんなものか、

みすゞさんはそんな心情を子どもの心で

疑問をなげかけています。

 

鈴木 澪

 

師、西条八十に影響されたみすゞさん。

八十に牛の詩は多く「学んでいますね」。

そして独自の世界をつくってますね。

 

大西 進

 

 

 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)