このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「こほろぎ」です。

こほろぎの 

脚が片つぽ

もげました。

追つかけた

たまは叱って

やつたけど、

しらじらと

秋の日ざしは

こともなく、

こほろぎの

脚は片つぽ

もげてます。

 

(こほろぎ:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

みすゞさんも猫を飼っていたのが、

この詩で分かります。

猫はねずみの他にもいろいろな虫を

とってきますよね。

みすゞさんの「たま」も

「こおろぎ」を追いかけて、

襲ってその脚が簡単に取れてしまったのでしょう。

そんな時の言い知れない悲しさを

巧みに表していると思います。

みすゞさんの心の暖かさ、優しさが感じられます。

短い言葉の中に、こんなにも多くの想いを盛り込めるのは、

さすがみすヾさんだなあと感じます。  

 

鈴木 澪

 

見えないものを見ようとする、

みすヾさんのやさしい目は

コオロギのもげた足から考えようと詩をかきます。

世の中はみえないもの、

今までの自分の知識では不安になるものですが、

みすヾさんは自分をはげまし、自分を変えながら、

おそれず進んでいこうとしたのです。

この詩からもそれを感じます。

                              

大西 進 

 

 

 

 

  

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)